トップ > CB400F ヨンフォア > CB400F(ヨンフォア)の歴史

CB400F(ヨンフォア)の歴史

CB400F(ドリームシービー400フォア)は1974年12月3日に本田技研工業により発売さました。
 通称「ヨンフォア」と呼ばれていて、CB350F走力性能がイマイチの為に、改良されて出てきたのが、このCB400F(ヨンフォア)です!
 しかし発売された翌年の1975年に、免許制度の改正で自動二輪の免許制度が大きくかわった頃で、エンジンの排気量が400cc以上のバイクは、中型二輪では乗れず大型免許が必要になった為、急遽398ccが生産されました。

 つまり型式としては408ccのCB400Fと、398ccリーズのCB400F−Ⅰ、CB400F−Ⅱが存在しますが、4気筒シリーズ唯一の2輪車として人気がありました。
 発売当時、CB400F(ヨンフォア)は「お前は風だ!」というキャッチコピーで発売されましたが、暴走族を連想させる、という指摘を受け、後に「お前が好きだ!」という所有感をイメージさせるキャッチコピーに変更されたそうです。
 CB400F(ヨンフォア)は30年以上たった今でもファンを魅了していて、現在その価格はプレミアがついてるものもあり、車体の程度によっては100万以上の値段がついているものもあり、408ccと398ccとでは408ccの方が格段に安いようです。

この記事のカテゴリーは「CB400F ヨンフォア」です。
CB400F(ヨンフォア)をレストアするとき、パーツを純正にこだわってる人も多いですが、CB400F(ヨンフォア)のように年数がたっていると、テールランプやウインカーレンズなど目立った傷や皹はなくても表面がざらつき、艶がなくなっている場合があります。
関連記事

CB400F(ヨンフォア)のお手入れ方法

お気に入りのCB400F(ヨンフォア)をレストアするとき、パーツを純正にこだわっ...

CB400F(ヨンフォア)の歴史

CB400F(ドリームシービー400フォア)は1974年12月3日に本田技研工業...

CB400F(ヨンフォア)の魅力

発売当初の408ccの排気量を持つCB400F(ヨンフォア)、発売翌年に免許法改...

漫画の世界のCB400F(ヨンフォア)

もはやホンダ乗りの定番の憧れと言えば、伝説の名車CB400F(ヨンフォア)。40...


更新履歴

この記事のカテゴリーは「CB400F ホンダ」です。

この記事のカテゴリーは「CB400F ヨシムラ」です。

この記事のカテゴリーは「CB400F アゲイン」です。

この記事のカテゴリーは「CB400F パーツ」です。

カテゴリー
サイト内検索
Google



RSS登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

エキサイトリーダーに登録

ivedoorリーダーに登録

はてなRSSに追加

3歩先行くMovableTypeテンプレート

サイト情報
おすすめサイト

リンク