トップ > CB400F パーツ > CB400Fはパーツをも作らせる存在

CB400Fはパーツをも作らせる存在

CB400F、発売当時中型二輪で唯一「並列4気筒」搭載のオートバイでした。他にもHONDA初の集合マフラーや後退したステップの採用で「カフェレーサースタイル」という日本では新しいスタイルも話題になりました。
 そして、CB400Fの後退したステップと低いハンドルがカフェレーサーのスタイルそのものとして絶大な人気を誇っていましたね。
 今では、走り屋系のバイクでは50ccから大型バイクまで浸透している「バックステップ」というパーツがあります。
 このパーツは、純正のステップの位置を、少し後ろに後退させるアダプターのことを言いますが、このバックステップが作られるようになったのはCB400Fがきっかけとも言われています。
 バックステップはバイクでコーナーを攻めた時、バイクを出来るだけ横に倒して遠心力と戦いますよね。その際に、バックステップが威力を発揮します!位置が少し上になり、後ろの方になるので体全身を使って体重移動がしやすく、ステップが地面に接触してしまう限界点を高くしてくれます。これがCB400Fは純正となっていました。
 走り屋の方々にはいいこと尽くめなのです!
 それから各メーカーやチューニングパーツメーカーでもバックステップというパーツを意識しここまでに至ったという事です。
 CB400Fはパーツを作らせてしまうほどに、バイク業界全体に影響を与えるほどの存在感だったのです。

この記事のカテゴリーは「CB400F パーツ」です。
CB400F、発売当時中型二輪で唯一「並列4気筒」搭載のオートバイでした。他にもHONDA初の集合マフラーや後退したステップの採用で「カフェレーサースタイル」という日本では新しいスタイルも話題になりました。
関連記事

CB400Fのエンジンパーツ、コンプリートエンジンが存在する!

30年以上も人々を魅了し続ける、HONDAの名車「CB400F(ヨンフォア)」...

パーツによって変わるCB400Fのこだわり

CB400Fのベストコンディションを保つためには様々なパーツが必要です!また一つ...

CB400Fはパーツをも作らせる存在

CB400F、発売当時中型二輪で唯一「並列4気筒」搭載のオートバイでした。他にも...

ホンダCB400Fと流用・社外パーツの組み合わせで無限の可能性

ホンダCB400F、発売当時中型二輪で唯一「並列4気筒」搭載のオートバイでした。...


更新履歴

この記事のカテゴリーは「CB400F ホンダ」です。

この記事のカテゴリーは「CB400F ヨシムラ」です。

この記事のカテゴリーは「CB400F アゲイン」です。

この記事のカテゴリーは「CB400F パーツ」です。

カテゴリー
サイト内検索
Google



RSS登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

エキサイトリーダーに登録

ivedoorリーダーに登録

はてなRSSに追加

3歩先行くMovableTypeテンプレート

サイト情報
おすすめサイト

リンク