トップ > CB400F シート > CB400F曲線美シートでカフェレーサー演出

CB400F曲線美シートでカフェレーサー演出

原付のCD50やHONDAのドリームが『カフェレーサースタイル』っぽいと思いますが、あなたはどう思いますか?
 日本で昔大流行し、今となってはカスタム、スタイルの一つの主流とも言える位置まで来たカフェレーサースタイル。

 国内でいち早くその流れを取り入れたのがCB400Fだと言われています。また、国内で唯一の中型4気筒エンジンを搭載したバイクもCB400Fです。
 当時CB400Fを取材したバイク雑誌の記事はほとんど「CB400Fのフォルムはカフェレーサースタイルに近い」という内容だったといいます。

 元々カフェレーサーはイギリスやヨーロッパの辺りで、実際のレースで走るマシンのようにバイクをカスタムしてカフェに持ち寄ったことから発祥したと言われています。

 ロングガソリンタンクにショートのシートにローハンドル、シートカウル。
 いかにも空気抵抗を意識したレース仕様がそのままスマートで曲線美あふれるスタイルになりました。
 そのためCB400Fのカスタムにおいてもシングルシートか波打つような丸っこいシート、シートカウルにロングタンクというカフェレーサーな部分を活かした仕様が目立ちます。
 スタイルが元々近いだけに、それが一番無難とも言えるでしょうね!

この記事のカテゴリーは「CB400F シート」です。
乗りやすいシート、座りやすいシートの方が長時間のライディングも楽になります。  それは昭和の名車CB400Fでも変わりません。旧車ということで長時間のライディングより見た目を意識した薄いだけのシートを選ぶライダーもいます。
関連記事

CB400F曲線美シートでカフェレーサー演出

原付のCD50やHONDAのドリームが『カフェレーサースタイル』っぽいと思います...

ネットオークションでCB400Fシートもゲット!

CB400F、発売当時中型二輪で唯一の「並列4気筒」搭載のオートバイでした。最初...

タンクとシートのバランスでCB400Fがカフェレーサーに

CB400Fと言えば、発売当時中型二輪で唯一の「並列4気筒」搭載のオートバイでし...

CB400Fのシートは実用性?デザイン性?

バイクに乗っている間、一番長く触れる部分はどこだと思いますか?やっぱりシートです...


更新履歴

この記事のカテゴリーは「CB400F ホンダ」です。

この記事のカテゴリーは「CB400F ヨシムラ」です。

この記事のカテゴリーは「CB400F アゲイン」です。

この記事のカテゴリーは「CB400F パーツ」です。

カテゴリー
サイト内検索
Google



RSS登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

エキサイトリーダーに登録

ivedoorリーダーに登録

はてなRSSに追加

3歩先行くMovableTypeテンプレート

サイト情報
おすすめサイト

リンク