トップ > CB400F シート > CB400Fカフェレーサーならまずシートから

CB400Fカフェレーサーならまずシートから

言わずと知れた昭和の名車『CB400F』。
 国内唯一の中型4気筒エンジンを搭載し、日本に「カフェレーサースタイル」を根付かせた立役者でもあります。
 タンクの色は当然ながらハンドルまでコンチネンタルハンドルを選べたわけですからHONDAのCB400F、そしてCB400F以降のバイク作りの方向性から生まれた部分も無きにしもあらずといったところでしょうか。
 当時のバイク雑誌のCB400F記事はほとんどカフェレーサースタイルだったといいます。
 元々カフェレーサーは実際のレースで走るマシンのようにバイクをカスタムしました。なのでシートは一人乗り、ハンドルは低くして、それに合わせて足元のステップは通常の位置より後ろに下げていました。
 CB400Fは最初からシート以外の全てが揃っているわけです。あとは、シングルシートにしてタンクを長くするだけで完璧なカフェレーサースタイルになります。
 細かい部分だとシートの後方はシートカウルを装着したり、タンクやシートを落ち着いた色や素材に換えたりするともっと雰囲気が出るはずです。
 そして、ハンドルをセパハンにして前傾姿勢のあのスタイルは、より一層レーサーバイクに乗っているような気分にさせてくれますよね。

この記事のカテゴリーは「CB400F シート」です。
乗りやすいシート、座りやすいシートの方が長時間のライディングも楽になります。  それは昭和の名車CB400Fでも変わりません。旧車ということで長時間のライディングより見た目を意識した薄いだけのシートを選ぶライダーもいます。
関連記事

CB400F曲線美シートでカフェレーサー演出

原付のCD50やHONDAのドリームが『カフェレーサースタイル』っぽいと思います...

ネットオークションでCB400Fシートもゲット!

CB400F、発売当時中型二輪で唯一の「並列4気筒」搭載のオートバイでした。最初...

タンクとシートのバランスでCB400Fがカフェレーサーに

CB400Fと言えば、発売当時中型二輪で唯一の「並列4気筒」搭載のオートバイでし...

CB400Fのシートは実用性?デザイン性?

バイクに乗っている間、一番長く触れる部分はどこだと思いますか?やっぱりシートです...


更新履歴

この記事のカテゴリーは「CB400F ホンダ」です。

この記事のカテゴリーは「CB400F ヨシムラ」です。

この記事のカテゴリーは「CB400F アゲイン」です。

この記事のカテゴリーは「CB400F パーツ」です。

カテゴリー
サイト内検索
Google



RSS登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

エキサイトリーダーに登録

ivedoorリーダーに登録

はてなRSSに追加

3歩先行くMovableTypeテンプレート

サイト情報
おすすめサイト

リンク