トップ > CB400F タンク > 缶コーヒー景品のCB400Fはタンクとサイドカバーに注目?

缶コーヒー景品のCB400Fはタンクとサイドカバーに注目?

CB400FといえばHONDA初の集合マフラーと後退したステップを採用し、国産ながらカフェレーサースタイルを取り入れたバイクとして話題になりました。

 またこのCB400Fは発売当時、中型二輪免許で唯一乗れる並列四気筒エンジンを搭載したバイクでもありました。
 現在、CB400Fは絶版となり旧車となった今でもファンは少なくありません。
 そんな事情もあったからかわかりませんが以前コーヒーのおまけの景品で「HONDA歴代バイクフィギュア」というシリーズにスーパーカブに並んでCB400Fもラインナップされていました。

 実物を見てみるとシート後方部分の形といい集合マフラーといいなかなかの出来です。
 ちなみにCB400Fのタンクはレッド、ブルー、イエローとあった内のレッドになっています。レッドはホンダがロゴなどでよく使う色なのでそれも関係あるのでしょうか?
 さらによく見るとタンクのカラーとサイドカバーの色が同色になっています。
 これは一番最初のCB400F、正確には408ccだったモデルの特徴です。
 ただの缶コーヒーのおまけとあなどるなかれ、マフラーやタンク、シートの形からタンクとサイドカバーを揃えるといった細部までこだわったまさに大人のおもちゃと言えるでしょう。

この記事のカテゴリーは「CB400F タンク」です。
関連記事

タンクはCB400Fのおでこ?

CB400F、中型二輪免許で乗れる唯一の4気筒オートバイとして一躍脚光を浴びまし...

タンク改造でCB400Fカフェレーサースタイル

CB400F、発売当時中型二輪で唯一乗れる「並列4気筒」のオートバイでした。 他...

缶コーヒー景品のCB400Fはタンクとサイドカバーに注目?

CB400FといえばHONDA初の集合マフラーと後退したステップを採用し、国産な...

CB400Fでカフェレーサー!決め手はシートとタンク

CB400Fに乗っているライダーの中でバイクに特別な思い入れがない人っているので...


更新履歴

この記事のカテゴリーは「CB400F ホンダ」です。

この記事のカテゴリーは「CB400F ヨシムラ」です。

この記事のカテゴリーは「CB400F アゲイン」です。

この記事のカテゴリーは「CB400F パーツ」です。

カテゴリー
サイト内検索
Google



RSS登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

エキサイトリーダーに登録

ivedoorリーダーに登録

はてなRSSに追加

3歩先行くMovableTypeテンプレート

サイト情報
おすすめサイト

リンク