トップ > CB400F タンク > タンクはCB400Fのおでこ?

タンクはCB400Fのおでこ?

CB400F、中型二輪免許で乗れる唯一の4気筒オートバイとして一躍脚光を浴びました。

当時まだ日本になじみの薄かったカフェレーサースタイルを意識させる外観は、絶版となり旧車となったいまなお多くのライダーに語り続けられ、愛されています。

さて、バイクと言えばCB400Fに限らず外観の部分で一番目に入りやすいのはタンク部分ではないでしょうか。

基本的にCB400Fのタンクのカラーはレッドとブルー、同時期に出たCB400F−ⅠとCB400F−Ⅱだとレッドとイエローになります。
ちなみにCB400Fはサイドカバーもタンクのカラーと同色になっていました。
F−ⅠとF−Ⅱはタンクに関係なくブラックアウトされています。

人によって好きや嫌いがありますが、以前少年誌で連載されていた『特攻(ぶっこみ)の拓』にハマッた人なら爆音小僧のヘッド”マー坊”の真紅のイメージが強いかもしれませんね。
やはりタンクは塗装する表装部分としては一番大きい部分なので形はともかく色や塗装のひび割れなどにも気を使って欲しい部分です。

最近はアルミタンクなども多く出回っていますが鉄のタンクそのままならサビにも気をつけましょう。

この記事のカテゴリーは「CB400F タンク」です。
関連記事

タンクはCB400Fのおでこ?

CB400F、中型二輪免許で乗れる唯一の4気筒オートバイとして一躍脚光を浴びまし...

タンク改造でCB400Fカフェレーサースタイル

CB400F、発売当時中型二輪で唯一乗れる「並列4気筒」のオートバイでした。 他...

缶コーヒー景品のCB400Fはタンクとサイドカバーに注目?

CB400FといえばHONDA初の集合マフラーと後退したステップを採用し、国産な...

CB400Fでカフェレーサー!決め手はシートとタンク

CB400Fに乗っているライダーの中でバイクに特別な思い入れがない人っているので...


更新履歴

この記事のカテゴリーは「CB400F ホンダ」です。

この記事のカテゴリーは「CB400F ヨシムラ」です。

この記事のカテゴリーは「CB400F アゲイン」です。

この記事のカテゴリーは「CB400F パーツ」です。

カテゴリー
サイト内検索
Google



RSS登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

エキサイトリーダーに登録

ivedoorリーダーに登録

はてなRSSに追加

3歩先行くMovableTypeテンプレート

サイト情報
おすすめサイト

リンク