トップ > CB400F タンク > タンクで!3タイプのCB400Fの見分け方

タンクで!3タイプのCB400Fの見分け方

CB400F、発売当時中型二輪で唯一乗れる「並列4気筒」のオートバイでした。
最初のモデルは408ccでした。

しかし日本国内の免許制度改正で教習所で取得できる中型二輪免許が400ccまでとなると、408ccの排気量を持つCB400Fは、中型二輪免許では乗ることができなりました。
これに対応してショートストローク化され、398ccの排気量とされた国内専用モデルが、このCB400F−Ⅰ、およびそのアップハンドルモデルCB400F−Ⅱでした。

つまり3機種のCB400Fが同時に存在したことになります!
この3つ車体の違いにタンクのカラーがありました!
まずCB400Fはタンクのカラーがレッドとブルーから選べました。
F−ⅠとF−Ⅱのタンクのカラーはイエローとレッドの二色へと変更になっていました。
タンクのカラーぐらいなら塗装や部品の交換で好きな色にできますが、発売された直後のまっさらな状態を見た人であれば、そのタンクのカラーリングによってCB400Fだったのか、F−Ⅰ、F−Ⅱだったのかがわかることもあります。

ハンドルやステップの位置も仕様が違っていますが色の違いなら小さい頃の記憶でも鮮明に残っているのではないでしょうか。

この記事のカテゴリーは「CB400F タンク」です。
関連記事

タンクはCB400Fのおでこ?

CB400F、中型二輪免許で乗れる唯一の4気筒オートバイとして一躍脚光を浴びまし...

タンク改造でCB400Fカフェレーサースタイル

CB400F、発売当時中型二輪で唯一乗れる「並列4気筒」のオートバイでした。 他...

缶コーヒー景品のCB400Fはタンクとサイドカバーに注目?

CB400FといえばHONDA初の集合マフラーと後退したステップを採用し、国産な...

CB400Fでカフェレーサー!決め手はシートとタンク

CB400Fに乗っているライダーの中でバイクに特別な思い入れがない人っているので...


更新履歴

この記事のカテゴリーは「CB400F ホンダ」です。

この記事のカテゴリーは「CB400F ヨシムラ」です。

この記事のカテゴリーは「CB400F アゲイン」です。

この記事のカテゴリーは「CB400F パーツ」です。

カテゴリー
サイト内検索
Google



RSS登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

エキサイトリーダーに登録

ivedoorリーダーに登録

はてなRSSに追加

3歩先行くMovableTypeテンプレート

サイト情報
おすすめサイト

リンク