トップ > CB400F ヨンフォア > CB400F(ヨンフォア)の魅力

CB400F(ヨンフォア)の魅力

発売当初の408ccの排気量を持つCB400Fヨンフォア)、発売翌年に免許法改正に対応し398ccとした国内向け専用追加モデルCB400F−Ⅰ(F−Ⅰ)、およびそのアップハンドルモデルFOUR(F−Ⅱ)、3機種のCB400F(ヨンフォア)があります。

 サイドカバーの色の違いやタンクカラー。CB400F(ヨンフォア)は赤と青、F−Ⅰ・F−Ⅱは赤と黄などにその相違はあるものの、集合マフラーとカフェレーサースタイルはまさにCB400F(ヨンフォア)の証です。
 CB400F(ヨンフォア)はやっぱりただのフルフェイスではなくカフェレーサースタイルですよね!

ちなみにCB400F(ヨンフォア)でも人気なのが赤のヨンフォア。
 クロームメッキのエンジンと集合マフラー(当時はヨシムラの黒手曲げ直管を入れるのが大流行した。)当然ホンダCB400Fは今でも中古車市場でものすごく高い・・・。
 ただ、408ccのCB400F(ヨンフォア)の方が格段に安いし、逆輸入のCB400F(ヨンフォア)が殆どで、デザインは同じの輸出専用CB550Fというものもあります。

 1997年には、その名をそのまま引き継いだ(水冷エンジンではあるが)ホンダ・CB400F(ヨンフォア)が登場するが、クロームメッキの4本出しマフラー、大柄なタンク形状と、シルエットはCB400F(ヨンフォア)ではなくCB750FOURに近いのです。

ヨンフォアの空冷インラインフォーの排気音は、30年以上経った今でも新鮮な感動を与え、道でCB400F(ヨンフォア)を見かける度に、キャッチフレーズ「おお400。お前は風だ。」と思い出すのです。

この記事のカテゴリーは「CB400F ヨンフォア」です。
CB400F(ヨンフォア)をレストアするとき、パーツを純正にこだわってる人も多いですが、CB400F(ヨンフォア)のように年数がたっていると、テールランプやウインカーレンズなど目立った傷や皹はなくても表面がざらつき、艶がなくなっている場合があります。
関連記事

CB400F(ヨンフォア)のお手入れ方法

お気に入りのCB400F(ヨンフォア)をレストアするとき、パーツを純正にこだわっ...

CB400F(ヨンフォア)の歴史

CB400F(ドリームシービー400フォア)は1974年12月3日に本田技研工業...

CB400F(ヨンフォア)の魅力

発売当初の408ccの排気量を持つCB400F(ヨンフォア)、発売翌年に免許法改...

漫画の世界のCB400F(ヨンフォア)

もはやホンダ乗りの定番の憧れと言えば、伝説の名車CB400F(ヨンフォア)。40...


更新履歴

この記事のカテゴリーは「CB400F ホンダ」です。

この記事のカテゴリーは「CB400F ヨシムラ」です。

この記事のカテゴリーは「CB400F アゲイン」です。

この記事のカテゴリーは「CB400F パーツ」です。

カテゴリー
サイト内検索
Google



RSS登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

エキサイトリーダーに登録

ivedoorリーダーに登録

はてなRSSに追加

3歩先行くMovableTypeテンプレート

サイト情報
おすすめサイト

リンク