トップ > CB400F マフラー > cb400f 4in1マフラーは画期的だった!

cb400f 4in1マフラーは画期的だった!

ホンダcb400fといえば発売当時、それまでのインラインフォーの常識であった、4本マフラーを採用せず、なんと4in1という、ヨシムラなどに代表される集合マフラーを装着して登場したのには驚かされました。cb400fの発売は、自動二輪の免許制度が大きくかわった頃で、400CC以上のバイクは、大型免許が必要になりました。
cb400fが発売された当時は、408ccのタイプがありましたが、免許制度の関係で販売台数は少なかったようです。
cb400fの408ccのタイプは、cb400fのベースとなったCB350Fのエンジンをベースに海外向けに改良と排気量アップをしたものだったようです。cb400fのカラーは、レッド・濃いブルー・イエローなど、きれいな色だった気がします。
cb400fのデザインをそのままに、CB550Fもあったので探してみましたが、生産台数が少ないせいか、中古で見かけることもほとんどありませんでした。
cb400fくらい古い絶版車になると、修理時のパーツが心配になりますが、ホンダの場合は、古くても受注生産で手に入るパーツはありっますし、純正ではなくても多くパーツをかかえているので安心です。
cb400fは、メッキなどを施した金属パーツが多いので、かなり磨きがいがあります。
エンジンの性能こそ、新型バイクにかないませんが、空冷インラインフォーの排気音はかなりいい感じ。一気に25年前にタイムスリップしちゃいます。

この記事のカテゴリーは「CB400F マフラー」です。
バイクに乗っている間、一番長く触れる部分はどこだと思いますか?やっぱりシートですよね。  やっぱり乗りやすいシート、座りやすいシートの方が長時間のライディングも楽になります。  それは昭和の名車CB400Fでも変わりません。旧車ということで長時間のライディングより見た目を意識した薄いだけのシートを選ぶライダーもいます。
関連記事

cb400f マフラー改造について

cb400fに乗っている人のなかでも、マフラーを改造している人、多いと思います。...

cb400f マフラー改造は要注意!

cb400fのマフラーは当時、ヨシムラの手曲げマフラーでしたが、今では入手するこ...

cb400f 4in1マフラーは画期的だった!

ホンダcb400fといえば発売当時、それまでのインラインフォーの常識であった、4...

cb400f 機能美溢れるマフラー!

今となってはその新品を手にすることはできなくなったホンダcb400f。国内仕様の...


更新履歴

この記事のカテゴリーは「CB400F ホンダ」です。

この記事のカテゴリーは「CB400F ヨシムラ」です。

この記事のカテゴリーは「CB400F アゲイン」です。

この記事のカテゴリーは「CB400F パーツ」です。

カテゴリー
サイト内検索
Google



RSS登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

エキサイトリーダーに登録

ivedoorリーダーに登録

はてなRSSに追加

3歩先行くMovableTypeテンプレート

サイト情報
おすすめサイト

リンク